トップ > くすみの種類 > メラニンによるくすみ(茶ぐすみ) > 茶ぐすみの特徴・原因とそのケア方法

茶ぐすみの特徴・原因とそのケア方法

肌がくすむようになると、顔全体が老けて見えたり暗い印象を与えてしまいます。加齢でしわやたるみと共にくすみが気になりだすので、くすみはエイジングによる症状だと思われがちです。しかし、茶ぐすみは早い人だと20代前半から出現するようになるので、若いからまだくすみケアはしなくても大丈夫だと油断しないことです。 茶ぐすみの主な原因は、紫外線を過剰に浴びることでメラニンの生成量が増えてしまうことです。皮膚が紫外線ダメージから自信を保護するために作り出したメラニンも、ターンオーバーによって起こる肌の新陳代謝で古い角質と一緒に落ちていきます。でも、28日周期のターンオーバーが追い付かないとしみや茶ぐすみの原因になります。紫外線対策を怠ってる人は、年齢関係なく顔が茶色っぽくくすんでしまいますよ。乾燥肌の人はターンオーバーが乱れやすいので要注意です。 メラニンが特定の箇所に集中するとシミ、顔全体に広がると茶ぐすみになることからもわかるように、茶ぐすみのケアはシミのケアと基本的に同じです。ターンオーバーの乱れを防ぐために保湿と生活習慣の見直しをしつつ、メラニンの抑制や還元効果のある美白成分入りの化粧品を使ってスキンケアをします。この時、医薬部外品として承認されているものを使ってケアするようにしましょう。日焼け止めや日傘などを使って紫外線のダメージを最小にすることも大事ですよ。日焼け止めサプリを飲むなら、アレルギーが少なく日焼けに効果のあるリコピン入りのものにするといいですね。

肌がくすむようになると、顔全体が老けて見えたり暗い印象を与えてしまいます。加齢でしわやたるみと共にくすみが気になりだすので、くすみはエイジングによる症状だと思