トップページ >  シミの種類 >  炎症性色素沈着(ニキビ跡)

炎症性色素沈着(ニキビ跡)の特徴・原因とそのケア方法

人間の肌は紫外線や外部からの刺激から身を守るため、表皮にあるメラノサイトが色素成分であるメラミンを作り、防御膜の役割を果たします。ごく自然な生理現象とも言えますが、ニキビ跡や発疹、炎症といった強い刺激を受けると通常より多くのメラニンが作られ、周囲の皮膚よりも濃い茶褐色の跡ができます。こうした原因でできるものを炎症性色素沈着と呼び、肌を大切にしている女性にとって悩ましい問題となっているのです。基本的にメラニンは表皮に存在しているので、ターンオーバーで肌が生まれ変わると角質と一緒に体外に排出される仕組みとなっています。そのため、通常は治療やケアなど特に気にせず時間経過に任せるのが良いのですが、新陳代謝が上手くいかなかったり、何かしらのトラブルでメラニンが定着してしまうと、色素が簡単にはとれず長い間肌を色黒く染めてしまいます。色素沈着によりどうしても改善したいという場合、美白成分となるハイドロキノンやトレチノインが配合された美容液などで対応したり、エステサロンなどでケミカルピーリングや光フェイシャルを受けると早く解消します。また、手軽かつ低予算で行うことのできるレーザー治療は、色素のみに焦点を絞った治療方法なので、痛みや副作用がなく安全性が高いことで人気があります。どの方法でも即効性というのはなく、炎症性色素沈着の具合によって期間などが変わってくるため、早く治したいのであればすぐに対処することが重要です。