トップページ >  シミの種類 >  肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)の特徴・原因とそのケア方法

シミには様々な種類があり、その中でも肝斑は左右対称に頬骨周辺に現れるのが特徴です。原因は紫外線のほかに、女性ホルモンと深く関係していると考えられています。30歳代から40歳代に発症することが多く、高齢になってから発症するケースはほとんど見られません。女性ホルモンの変化が原因となることが多いため、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに肝斑が現れることがあります。 治療は一般的に美容皮膚科などで行い、美白効果の高いトラネキサム酸とビタミンCの内服薬が用いられます。他にもメラニンを皮膚の外側に放出させる効果があるトレチノイン、メラニンが新しく作られるのを防ぐハイドロキノンも効果的です。これらの成分は市販の化粧品やサプリメントなどに含まれていることもありますが、医療機関で処方された医薬品の方が多くの有効成分を含んでいます。身体の内側からシミや肌トラブルを改善するL-システインは肌のターンオーバーを正常化し、体の代謝をサポートしたり酸化を抑えるはたらきがあります。 即効性の高いシミのケアとして、レーザー治療がありますが、肝斑は通常の紫外線が原因のシミと症状が違うので、高出力のレーザーではかえって症状を悪化させるリスクがありました。肝斑はメラノサイトが活性化しやすい状態にあり、高出力の不均一なレーザーだと刺激になっていまいます。しかし近年では、肝斑に照射口径も大きく、照射スピードも速いレーザーが存在し、肝斑の治療にも有効です。