トップ > くすみの種類 > 乾燥によるくすみ(赤ぐすみ) > 赤ぐすみの特徴・原因とそのケア方法

赤ぐすみの特徴・原因とそのケア方法

顔にできる赤みのあるくすみは、顔全体の表情に影響を与えるため、できてしまうと非常に憂鬱です。いわゆる赤ぐすみは肌の奥のほうから出てきているような赤黒い状態で、主に頬や小鼻のわきなどにできやすいと言われています。肌のバリア機能が低下することで、補油面が乾燥状態となり炎症を起こすと、表面だけではなく真皮などの奥までダメージを受けることになります。それにより、ダメージが毛細血管にまで及んでしまうと、赤い色素たんぱく質が沈着し、まるで赤くくすんだように見えます。また、肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まっていき肌が赤黒く見えることもあります。肌を触った感触がざらついているような印象を受ける場合は、角質が溜まっている可能性が高いです。やはり肌をダメージから守るためには強い紫外線の照射を避けるべきでしょう。日焼けは炎症のもととなるため、紫外線対策をしっかりと行い、普段からのお肌のケアも徹底して行うべきです。それ以外には、やはり生活習慣の改善が効果的です。例えばカフェインの過剰摂取を避けたり、禁酒や禁煙を心がけるなどお肌に良くないことは可能な限り控えるようにしましょう。また、洗顔のやり方を見直してみることも重要です。洗顔のし過ぎや刺激を与えるような洗い方は良くないです。優しく洗って汚れを落とすことで、肌に負担をかけることが少なくなります。あるいは、赤み専用の化粧品などを利用することも効果的でしょう。

顔にできる赤みのあるくすみは、顔全体の表情に影響を与えるため、できてしまうと非常に憂鬱です。いわゆる赤ぐすみは肌の奥のほうから出てきているような赤黒い状態で、