トップ > シミの種類 > 老人性色素斑(日光性色素斑) > 老人性色素斑(日光性色素斑)の特徴・原因とそのケア方法

老人性色素斑(日光性色素斑)の特徴・原因とそのケア方法

老人性色素斑は日光性色素斑とも呼ばれ、一般的にシミと認識されている症状です。大きさは数ミリから数センチで肌との境界がはっきりしており、薄茶色から濃い茶色の円形になることが多いのが特徴です。加齢とともに現れることがほとんどですが、20代や30代で現れることもあります。老人性色素斑の原因は、紫外線によるメラニンの増加と肌の新陳代謝であるターンオーバーの滞りです。ターンオーバーが滞りメラニンが排出されなくなると、メラニンが沈着し老人性色素斑ができてしまうのです。老人性色素斑の治療方法には様々なものがあります。代表的なのが、患部に医療用レーザーを照射するレーザー治療です。高い効果が期待できますが、レーザー照射時に痛みがあります。また、強い光を瞬間的に肌に当てる光治療も有効です。照射する面積が大きいので、広範囲の治療が可能となり、レーザーに比べてかさぶたが目立ちません。もちろん光やレーザーを使わない治療法もあります。強力な漂白作用を持つ外用薬であるハイドロキノンは、メラニンを作る細胞であるメラノサイトとメラニンを合成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑制し、新たなシミを作らせないようにします。また、ビタミンA誘導体の一種であるトレチノインは、ターンオーバーを促進させる働きがあります。他にも、メラニン色素を作る作用を抑えるビタミンCをしっかりと肌に浸透させるために行うビタミンC誘導体のイオン導入や、グリコール酸という薬剤を使って表皮や真皮を化学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促すケミカルピーリングという治療法もあります。多くの治療法がありますが、自分の肌に合った治療法を選ぶことが大切です。

老人性色素斑は日光性色素斑とも呼ばれ、一般的にシミと認識されている症状です。大きさは数ミリから数センチで肌との境界がはっきりしており、薄茶色から濃い茶色の円形