トップ > シミの種類 > 脂漏性角化症 > 脂漏性角化症の特徴・原因とそのケア方法

脂漏性角化症の特徴・原因とそのケア方法

脂漏性角化症は老人性イボとも呼ばれ、主に40歳以降に出現して加齢と共に増えていく皮膚の良性腫瘍です。皮膚の老化現象と深い関係があり、80歳以上になればほぼ全ての人に見られます。通常のイボと違いウイルスが原因ではありませんので、感染はしません。原因は加齢で、新陳代謝の衰えや長年にわたり紫外線によるダメージが蓄積されたことで、排出しきれないメラニンがシミとなって現れます。ただし、遺伝的な要因も関係するため比較的若い年齢で現れることもあります。紫外線以外の原因でも出現することから、日に当たらない脇の下や太ももなどにも発生します。 治療方法は液体窒素や電気焼却、光フェイシャルやレーザー治療が一般的です。光フェイシャルは、強い光が黒色のメラニンに反応して熱を発生させ、細胞そのものにダメージを与えます。軽度な脂漏性角化症に効果的ですが、0.5㎜以上の盛り上がりがあると効果はほとんどありません。取れ残りがあると、一度は症状が消えても再発する可能性があります。炭酸ガスレーザーは、盛り上がりの程度に左右されずに脂漏性角化症を蒸散できる治療法です。脂漏性角化症は盛り上がった部分だけでなく、異常が生じている底の部分まで除去しないと再発します。そのため、皮膚の深い部分にある細胞を蒸散させてしまうと、治療後に跡が残る可能性があるので注意しましょう。Qスイッチ・レーザーは、軽度の脂漏性角化症であれば、色素のある部分を完全に取り除くことができ、治療後に跡が残らないのが最大の特徴です。しかし、盛り上がりが強く厚みのある脂漏性角化症は、底の部分まで取り除くのが難しくなります。

脂漏性角化症は老人性イボとも呼ばれ、主に40歳以降に出現して加齢と共に増えていく皮膚の良性腫瘍です。皮膚の老化現象と深い関係があり、80歳以上になればほぼ全て