トップページ >  シミの種類 >  雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)の特徴・原因とそのケア方法

頬の高い部分に茶色い小さなシミがまとまってできているのがそばかす。正式名称は雀卵斑と言われます。若いころはそれほど気にならないかもしれませんが、歳をとるとシミの一種として気になりどうにかしたいと思うように名r人が多いと言います。 そばかすの原因は明確にはされていませんが、遺伝的要素が強いと言われています。白人の方にそばかすがよくみられることから、比較的色白で紫外線に対する体制が弱い方が多いようです。いわゆるシミの一種なので、紫外線に当たり過ぎることで悪化する可能性もあります。 そんなソバカスのケア方法として、ビタミンCやL-システインの摂取があげられます。化粧品で肌に塗ってもいいですが、サプリなどで内側からケアした方が長期的に見てより多くの効果が期待できます。 一方にあまりおすすめできないのが、レーザー治療やハイドロキノンです。老人性色素斑、いわゆる一般的なシミに効果があるこれらのケア方法ですが、遺伝的要素の強いと言われるそばかすにはあまり効果が期待できないと言われています。レーザー治療やハイドロキノンは美白法の中でもかなり荒行のため、もともと肌の弱い方にはかえってシミの状態をひどくする可能性があるからです。 ただ、今ではレーザー治療の中でもマイルドな光で治療をする方法も出てきているので、そういった方法を使えばレーザーでもそばかすがきれいになる可能性もあります。そばかすにお悩みなら一度皮膚科や美容皮膚科に相談するといいかもしれません。