トップ > くすみの種類 > 糖化によるくすみ(黄ぐすみ) > 黄ぐすみの特徴・原因とそのケア方法

黄ぐすみの特徴・原因とそのケア方法

20代の頃は透明感があったはずなのに、30代40代になってくるとなんだか肌色がくすんで暗くなってしまいます。紫外線対策をして日焼けもしていないのに、肌が黄色っぽくくすんでしまうのはどうしてでしょうか。 肌のくすみのうち、黄色っぽくなってみえるのが「黄ぐすみ」と言われるものです。 一番の原因は糖化で、糖分が体内でタンパク質と結びついて終末糖化生成物の「AGEs」を作り出してしまうことが原因です。 肌にあるタンパク質のコラーゲンやエラスチンは、摂りすぎてしまった糖分と結びついて体温により加熱されてしまいます。つまり黄ぐすみというのは、糖化してコゲてしまった肌の色なのです。そのため糖化は肌のコゲとも言われています。 コラーゲンやエラスチンは真皮層でハリを作り出しますので、黄ぐすみ以外にも肌のたるみやシワの原因にもなってしまいます。肌が黄色くみえるだけではなく、他にもエイジングサインが気になるようになってしまうのです。 真皮層の代謝には数年単位で時間が掛かりますので、ターンオーバーによる改善には何年もかかります。ですから黄ぐすみは気付いたら早めに対策する必要があります。 一番は糖分の過剰摂取が原因ですので、食事のバランスを考えて食べることです。特に主食として食べられることの多いお米やパンは糖質が多いですので、ゆっくり食べて糖の吸収をおだやかにすることが大切です。 黄ぐすみが気になる人は、野菜を先に食べたり、主食を食べる時には納豆やとろろなど糖の吸収をおだやかにする食品と一緒に摂ることが効果的です。

20代の頃は透明感があったはずなのに、30代40代になってくるとなんだか肌色がくすんで暗くなってしまいます。紫外線対策をして日焼けもしていないのに、肌が黄色っ